« 2期F組「佐々木幹雄先生」を囲みました同窓会実施ご報告 | トップページ | 【開催案内】ラグビー部2期OB会(新年会) »

2012年1月18日 (水)

【開催レポート】ホームスティ荒川同窓会@ベッラ・ナポリ

12月29日(金)、ホームスティ荒川の同窓会が、忘年会を兼ねて開催されました。
会場は東京森下のイタリアレストラン「ベッラ・ナポリ」です。

Hs_arakawa_120101

荒川卒業生とその家族たち総勢18名が、いつものようにホストさんを囲んで、会はにぎやかにスタートしました。

レストラン「ベッラ・ナポリ」は荒川卒業生の池田哲也氏(2期、旧姓宮山氏)がオーナーをされています。池田氏本人が腕を振るってつくる料理は、参加者たちの楽しみのひとつです。

そして、もうひとつの楽しみは、再会と語り合いです。
本庄高等学院時代の思い出から、昨夏ホームスティ荒川にて行われた「感謝の会」での出来事や、各々の近況など、話は尽きることがありませんでした。

Hs_arakawa_120102

初代(2期)メンバーが中心となって始まった荒川同窓会ですが、今回は10期の卒業生の参加があり、荒川の輪はますます拡がっています。

今年度でホームスティ制度は廃止となり、ホームスティ荒川は取り壊されます。
荒川同窓会の次回企画として、またまた最後にホームスティ荒川を皆で訪問するという案が飛び出しました。

お互いの近況と活躍を確認することによって、日々の元気の源となるこの荒川同窓会の活動を、今後も続けていきたいと思います。

同窓会・クラス会の情報」カテゴリの記事

■トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開催レポート】ホームスティ荒川同窓会@ベッラ・ナポリ:

■コメント

昨年暮れの29日は、『荒川同窓会』が開催され、たいへん和やかで楽しいことは言うまでもありませんでした。
会が重なるごとに親睦の度合いが深くなってきたように感じています。印象に残ったのは、同じ荒川でも世代が違えば見知らぬ人同士、なのに驚くほどすぐに打ち解け合える。共通の早大本庄、ホーム荒川での過ごした日々は、頷き合える共通の想い出話なんですね。そんな輪の中に、私が居られることにホスト冥利に尽きると言えます。
毎回ですが、解散後、二、三人で私をホテルまで無事に送り届けることが、責務だと感じて下さっているのでしょうか…ただただ感謝で心が熱くなります。
皆様のお心遣いに、本当に頭が下がり、感謝に絶えません。

また、三月末か四月始めあたりに、(本当に最後のホーム荒川に戻る会)が出来ましたら、またお会いしましょう!

投稿: 荒川のおばさん | 2012年1月19日 (木) 09時32分

正月気分も抜け、慌ただしい日常に追われる中、笠原(ジミー)さんの開催レポートを懐かしく拝見しました。

笠原さん、池田(宮山)さんをはじめとする先輩方の強力なリーダーシップの下、後輩の参加も増え、1年を締めくくる楽しいひとときでした。
福岡から駆け付けてくれた加藤(俊洋)君もお疲れさまでした。

荒川のメンバーに会うと、自分の価値観の原点に帰ってきたような気がします。
「あの頃の未来に僕らは立っているのかな」的な新たな気づきもあり、まさに「日々の元気の源」です。

ホストのおばさん(写真の青い服の方です)からは、「ホスト冥利に尽きる」とのコメントまで頂き、少しでも恩返しができたかなと嬉しく思いました。

また春に集まりたいと思います。

ホームステイ荒川の建物は無くなっても、早大本庄・荒川の繋がりは、いつまでもリアルに続きます。

投稿: 馬場丈治 | 2012年1月21日 (土) 21時15分

■コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。