« 第4回ビジネス交流同好会 開催報告 | トップページ | 【開催レポート】篠田先生を囲む会(2期C組・10期C組合同クラス会) »

2012年11月28日 (水)

早稲田大学本庄高等学院サッカー部 30周年記念イベント(OB戦・謝恩会)の開催報告

 さる2012年11月10日(土)に学院サッカー部の30周年記念イベント(OB戦・謝恩会)が学院新校舎で開催されました。当日は、朝から快晴で最高のサッカー日和。1期生から現役大学生の28期までのOBが総勢110名以上参加する盛会になりました。
 なかには学院卒業以来はじめて学院に戻ってきたOBもいたようですが、同期前後のOBとは会った瞬間に学院時代に戻って楽しく話ができる。学院プラス部活というのは本当に濃いものがあると改めて実感しました。そして、若いOBは、学院の食堂で名物(?)の鶏立田ランチをこぞって食べていたようです。

 さて、午後1:30から16:30までがフルコートでのOB戦。人数が多くて試合を組むのがたいへんだったのですが、オープニング戦は1-9期のover35の年寄(長老)OBが2チームに分かれて試合をしました。足がもつれて転倒するのはあたりまえ、サッカーボールがこんなに大きくて重いという感覚をまったく忘れていたというOBもいたようです。10分ハーフ計20分の試合でしたが、それだけで全員ぐったり疲れた様子。試合は1期生の笙さんのキラースルーパスで2期生の水井さんが抜け出してゴールして1-0で黄色ビブスチームが勝利。続いて、10期から19期、20期から24期のOB戦へと進み、OB戦のハイライトは25期から28期(現役大学生OB)vs現役学院サッカー部のスペシャルマッチでした。最後に、もっとサッカーをやりたいOB同志の試合をして16時半にOB戦終了。フルコートでの一連の試合中は、ゴール裏の芝生スペースにコーンを置いて、世代を超えてミニゲーム。みんな本当にサッカー好き。

19ob     19ob_2
1-9期のOB戦(オープニング戦)        1-9期のOBの集合写真

1019ob     1019ob_2
10-19期のOB黄色ビブスチーム        10-19期のOBオレンジ色ビブスチーム

Ob     128ob110
現役大学生OB                  1期-28期までのOB110名余の集合写真

 17:30からは早大本庄学院サッカー部30周年を記念し、長年顧問としてご指導いただいた若林先生を囲んで、謝恩会を学院新校舎の食堂で行いました。当日は、学院の入試説明会と重なっていたのですが、学院側の寛容な取り計らいで学院食堂を使わせていただきました。
 謝恩会ではまず兼築信行学院長と羽田一郎教務担当教務主任からご挨拶いただきました。兼築学院長(文学部教授)は、かつてサッカー部副顧問だった高橋聡先生(ドラ先生)の大学時代からの親友ということで不思議な縁を感じました。羽田先生には、卒業生の活躍が学院にとって何よりも大切な財産であり、宝というお話をいただきました。続いて、このイベントの実行委員長である一期生の富田宏さんから校歌にかけて「集まり散じて人は違えど仰ぐは同じ師若林」というお言葉で乾杯になりました。OB戦後の一杯はひときわ美味。乾杯からしばらく懇談後、主賓である若林先生からご挨拶いただきました。30年間もの思い出を語るには短すぎましたが、サッカー部の創設時ことから、金六合宿、県大会、後継教員の話までお話いただきました。先生はいま67歳で、定年まで今年をいれてあと4年ですが、一年早めて3年後の退職をご検討されているというお話もありました。

Photo     Photo_2
謝恩会の模様                   兼築学院長によるご挨拶

Photo_3     Photo_4
羽田一郎先生(教務主任)のご挨拶      若林先生によるご挨拶

 しばし懇談ののち、30期を5期ずつにわけて5期毎の代表者(以下)にスピーチをしてもらいました。昔のサッカー場のことから、ベスト8に進んだ大会、坂道ダッシュや山道の走り込み、芝生のグランドの手入れの大変さ、金六合宿の思い出などなど、世代は違えどサッカー部ならではのスピーチの数々に大いに盛り上がりました。

【OBスピーチセッションのスピーカー】
特別メッセージ:1期生初代キャプテン 糸日谷 陽一(代読:富田 宏(1期))
1-5期:2期 松本 育史
6-10期:9期 元井 光夫
11-15期:11期 髙﨑 大輔
16-20期:17期 谷脇 啓太
21-24期:23期 徳光 啓太
25-28期:25期 野々山 洸

1 2 9
富田宏さん(1期)        松本育史さん(2期)      元井光夫さん(9期)

11 17 23
髙﨑大輔さん(11期)     谷脇啓太さん(17期)      徳光啓太さん(23期)

25
野々山洸さん(25期)

謝恩会終盤のハイライトは、若林先生への記念品贈呈でした。この日のためにOB会で話し合って準備したのは、若林先生の名前を入れたディレクターズチェアとオリジナルデザインのジャージ(上下)。写真のとおり先生の名前がかなり目立つチェアで先生も照れていました。最後の品は、参加者全員がメッセージを書きこんだ特大サイズに色紙です(写真)。

1_2 2_2
記念品のディレクターズチェアでポーズする若林先生

1_3 2_3
特注オリジナルジャージに袖を通す若林先生

Photo_5
参加したOBがメッセージを書き込んだ特大サイズの色紙

最後に、一期生の笙さんのリードのもと校歌を全員で斉唱し、学院サッカー部と若林先生へのエールを合唱しました。閉会の挨拶は、今回のイベントの発起人のひとりであり、運営に尽力した4期の秋津英機さん。彼らの飲み会でたまたま早大本庄30周年が話題になったことが、そもそものことのはじまり。筆者は、彼らから依頼で本イベントの幹事長になったわけですが、まさかここまで大きな会になるとはまったく予想外でした。これもすべて若林先生が30年間サッカー部の顧問を続けてこられたおかげであり、110名を超えるOBが同じ恩師との経験を共有できることの幸せをあらためて実感することのできた会でした。

Photo_6
フィナーレは一期生の笙さんのリードで校歌斉唱

文責:齊藤 修(4期)
     早大本庄学院サッカー部30周年記念イベント幹事長

同窓会・クラス会の情報」カテゴリの記事

■トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田大学本庄高等学院サッカー部 30周年記念イベント(OB戦・謝恩会)の開催報告:

■コメント

■コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。