« ホームスティ荒川同窓会@ベッラ・ナポリ開催ご案内 | トップページ | 【開催レポート】「篠田晋治先生を囲む会」 »

2013年11月 6日 (水)

稲稜祭 学び舎かわれど 心継ぐ~第32回稲稜祭同窓会出展レポート~

32nd_tf_report_logo

【同窓会稲稜祭チーム=10月26日・27日】

 去る2013年10月26日(土)・27日(日)に第32回稲稜祭が開催されました。今年も同窓会では『活躍する本庄高等学院卒業生』をテーマに,各界で活躍する卒業生をパネルで紹介する企画を催しました。

 稲稜祭初日は朝からあいにくの雨でしたが,兼築学院長,山崎前学院長,先生方をはじめ,80名強の方にご来場いただきました。

 一方で,2日目は稲稜祭にふさわしい青天に恵まれ,200名を超える方々にご来場いただきました。

6

 本企画には今年も多くの方々にご来場いただきましたが,特にパネルを熱心に読まれる学院生の保護者が多く見受けられ,学院生にも負けず(勝って?)卒業生の活躍に興味を示されているようでした。「これから卒論が始まるのですよ」と感慨深そうに語られたり,「うちの子はどうしても共学に行きたいと言ってここ(学院)に入ったのですよ」と10年前では聞けなかった台詞を聞くことになったりと,変わらない学院と変わりゆく学院という,2つの学院の姿を目の当たりにしました。また,「学院生に伝えたいことはありますか?」と鋭くコメントを求められ,卒業生として背筋が伸びる思いをすることもありました。

2

 本企画は今年で3回目を迎えましたが,それに先立ちまして,19~22期生より,新たにパネル展示にご協力をいただきました。新しいパネルからは卒業生の新たな一面を見出すことができました。ご協力いただいた卒業生の皆様に,深く御礼申し上げます。

* * * * *

4

 稲稜祭全体についてですが,最近は装飾等の作り込みが本格化してきており,夏休み中に準備を行うことも珍しくないようです。また,今年はパンフレットに印刷されているQRコードから稲稜祭実行委員会のブログにアクセスできる仕組みが構築されていました。当日に盛り上がるだけが能では無い,稲稜祭になりつつあるように感じました。今後,何が学院生から創造されてくるのか,期待が高まります。

3 5 7

おまけ:「まむしに注意」クリアファイルが生協でイチオシされていました。
◎その他の写真はこちら >>

文責:第22期 小塚

本庄高等学院の情報」カテゴリの記事

同窓生の近況報告や告知」カテゴリの記事

同窓会からのお知らせ」カテゴリの記事

■トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲稜祭 学び舎かわれど 心継ぐ~第32回稲稜祭同窓会出展レポート~:

■コメント

■コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。